*

「 フィルタ 」 一覧

jQuery コンテントフィルタ(5) 「:parent」フィルタ

2012/05/03 | フィルタ

テキストを含めた何かしらの子要素をもつ要素を選択します。 :emptyフィルタの逆バージョンと考えてよいと思います。 たとえば、$("div:parent") とすると、div要素の中で子

続きを見る

jQuery コンテントフィルタ(4) 「:has(セレクタ)」タグ

2012/05/01 | フィルタ

指定したセレクター要素を子孫に持つ要素を選択します。 たとえば、 $("div:has(p.animal)") とすると、div要素のなかからclass属性に "animal"を持つpタグ

続きを見る

jQuery コンテントフィルタ(3) 「:empty」フィルタ

2012/04/29 | フィルタ

選択された要素の中から空要素を抽出します。 たとえば $("div:empty") としたばあい、divタグのなかから空の要素を抽出します。 基本フィルタ $

続きを見る

jQuery コンテントフィルタ(2)「:contains(text)」フィルタ

2012/04/27 | フィルタ

指定された文字列を含む要素を選択します。 たとえば、$("div:contains(max)") とするとdivタグのなかで"max"という文字列を 含んだ要素を抽出します。 以下に

続きを見る

jQuery コンテンツフィルタ(1) – 要素の内容に関するフィルタ

2012/04/25 | フィルタ

jQueryにはコンテントフィルタってものがあります。 それが以下になります。 :contains(text) 指定した文字列を含む要素を選択 :empty

続きを見る

jQuery 基本フィルタ(7) 「:animated」フィルタ

2012/04/11 | フィルタ

アニメーション処理中の要素を抽出します。 以下サンプルを示します。 基本フィルタ $(function(){ $("#second").hi

続きを見る

jQuery 基本フィルタ(6) 「:header」フィルタ

2012/04/07 | フィルタ

選択された要素のなかからヘッダータグのみを抽出します。 ヘッダータグとはh1タグはh2タグのことを言います。 以下サンプルになります。 基本フィルタ $

続きを見る

jQuery 基本フィルタ(5) 「:eq(index)」、「:gt(index)」、「:lt(index)」フィルタ

2012/04/05 | フィルタ

選択された要素の通し位置を指定することができます。 たとえば、$("div:eq(3)") とした場合、div要素のなかで4番目の要素が選択されます。 また、$("div:gt(3)")

続きを見る

jQuery 基本フィルタ(4) 「:even」、「:odd」タグ

2012/04/03 | フィルタ

選択されている要素の中から、偶数番目の要素、または、奇数番目要素を抽出します。 たとえば、$("div:odd") とした場合、div要素の中で奇数番目のものだけが選択されます。 以下

続きを見る

jQuery 基本フィルタ(3) 「:not(セレクタ)」フィルタ

2012/04/01 | フィルタ

:not()の括弧内にセレクタを指定し、指定されたセレクタに合致するもの以外を 抽出します。 たとえば "div:not(#test)" とした場合、divタグの中でid属性がtestのも

続きを見る

PAGE TOP ↑